熊谷真喜は女性の強い味方!|同性だから心を開ける

弁護士

相続に必要な人

木槌

相続をする時に「遺言は必要ない」と言う方がいますが、遺言は必要不可欠です。遺言書がなければ相続時に家族同士が揉めてしまうリスクが高いからです。遺産は多くの方が欲しがります。平等に分けられると良いのですが、そうはならない場合もあるでしょう。誰か1人だけが遺産を
多く貰おうとすることで家族同士の争いごとが起きてしまうのです。ですから、遺言書の作成は必ず行なっていた方が良いのです。しかし、遺言書はどのように作成すれば良いのか分からないと言う方も多いのが事実です。そういった時は大阪の司法書士は相続関係のことならなんでも相談に乗ってくれますので、遺言書の作成方法も習うといいでしょう。知識がない方でも性格な遺言書が書けるようになります。

遺言書には、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2種類があります。自筆証書遺言は作成費用がかかりませんし、遺言内容を秘密に出来ます。そして、自分で簡単に作成が可能です。公正証書遺言は公証役場で預かっていてもらえますので、勝手に内容を変更させられることがありませんし、紛失の心配もないです。また、内容なども正確に書けて、家庭裁判所による手続きをしなくても良いのです。
もしも、自筆証書遺言を書いた場合は、大阪の司法書士が家庭裁判所へ行き検認の請求業務を行なってくれます。そして、そこから、戸籍謄本や除籍謄本を見て相続人を決めます。相手が相続放棄をする場合は、家庭裁判所での申し立てや遺産分割協議などを行なってくれます。その時に必要な書類も大阪司法書士が作成してくれるでしょう。そして、協議が終わったあとは名義の変更手続きをします。
このように、大阪の司法書士は1から全ての業務を行なってくれるのです。